平塚のプロブロガー、ふじさわあつしさんに会ってきた!

こんにちは。現在一時帰国中の高田ゲンキ( genki119)です。

一時帰国中とは言え、育児と仕事の締切に追われてなかなか自由な時間が取れない日々なのですが、それでも忙しい合間を縫って少しずつ会いたい人と会う時間も作れています。

というわけで、今回はその中のひとり、ふじさわあつしさん(fujisawatsushi)とお会いした話です。

プロブロガー”ふじさわあつし”さんとは

撮影:ヒロタケンジ

ふじさわあつしさん(fujisawatsushi)は、神奈川県平塚市在住のプロブロガー。もしかしたら、平塚市民25万人の中で、ブログ飯をしているのは彼ひとりかもしれません。

ふじさわさんの簡単なプロフィールは↓

▶藤沢篤(ふじさわあつし)
▶︎1987年9月10日生まれ
▶︎高知県出身 20歳で上京。神奈川県在住
▶︎26歳の誕生日(2013年9月)にブロガーで独立。以降約5年、プロブロガーとして活動中。

で、ガッツリプロフィールは↓こちらになります(本記事で彼に関心を持った人は、ぜひ読んでみてください。長いですw)。

僕がふじさわさんに魅力を感じた理由

フリーランスネタで漫画を描いたりTwitter等の発信をしているので、ネットを通して多くのフリーランサーと知り合うことが増え、そんな中で偶然ふじさわさんのツイートを発見したのが今年の2月頃のこと。「え? 地元平塚在住のプロブロガーがいるなんて!」と驚いてTwitterやブログなどの発信をチェックするにつれ、彼のことが好きになりました。その理由は…

① 「何者かになる!」というアツい野心を10代の頃から持っていること

たしかふじさわさんが著書で書いていて知ったんだったと思いますが、ふじさわさんは10代の頃から「俺は何者かになってやる!」というような(正確にそういう言葉ではなかったかもしれませんが)野心を持っていたと語っていて、僕もそうだったので非常に共感しました。そして、そういう事を隠さずに語れるのも良いな!と思いました。

② 自身の葛藤をかっこつけずに見せるスタイル

たとえば、ふじさわさんのこの記事では、彼はこんなことを書いています。

なんというか、最近、僕、老害化してるとこあるなぁと自分で思ってたんです。

だけど、こういう「年齢」とか「先輩・後輩」とかで上下関係を決めるようなくだらない社会がイヤで、
実力のみで勝負できる世界で生きて行きたくて、ブログの世界に飛び込んだのに、
気づけば自分がそういう目で周りを見てる。

これは老害というよりプライドって言葉がピッタリだと思います。
くだらないプライドが、僕の中に巣食ってしまってるんですよね。

これはかなりイヤだし、このいらないプライドが自分の成長を邪魔してるのは1000%間違いない

もうなんと言うか、僕こういう内面的な葛藤をさらけ出せる人に弱いんですよね。それだけで無条件に応援したくなるというか。僕もプロではないとは言え、こうしてブログで個人発信をしてるからこそ分かるんですけど、なかなかこういうことを書くのは勇気が要ることです。これを書ける時点で「くだらないプライドを捨てよう」という覚悟が分かるし、かっこつけていい部分だけ出す人よりずっとかっこいいです。

③ 良い友人に囲まれてる

Twitterのふじさわさんのタイムラインを見てると、よく登場する同じく平塚在住の友人たちがいます。それが藤咲和也さん(kazuyafujisaku)と中込孝規さん(nakagome63)。ふじさわさんからも「良いヤツ感」を感じましたが、この二人もふじさわさんに勝るとも劣らない「良いヤツ感」を醸していて、会ったことないのに好感を持ちました。そして、そんな友人たちから愛される男は、間違いなく「良いヤツ」に違いない、と確信したのでした。

④ 何にでも果敢にトライする姿勢

「何者かになる!」と公言するだけあって、ふじさわさんはプロブロガーとして成功したあともさまざまな事に果敢にトライしています。世界一周とか、電子書籍を出版しまくったりとか、フリーランス養成講座の講師をしたり。

僕も、イラストレーターとして仕事が安定してから、イラスト以外のこと(ブログやマンガやSNS発信など)に挑戦しているので、これも共感できる点でした。

あと、僕がふじさわさんを知ったばかりの頃に、彼はプロブロガー/プロゲーマーのキャプテンジャックさん(CaptainJacksan)を見倣って「自分もプロブロガーを目指す」と宣言したのですが、一ヶ月半後に「やっぱり無理なのでやめます」と撤回をし、ちょっぴり物議をかもしました。一部からは批判も出たこの撤回宣言でしたが、僕としてはなぜ批判されるのか全然分からないし、むしろ「やりたい!」と思ったら果敢にトライ&宣言し、「無理だ!」と思ったらカッコつけずに撤退&報告する姿勢にますます交換を持ちました。

で、その頃に僕の方からTwitterで話しかけてやり取りをするようになって、だんだん仲良くなり、僕の一時帰国に合わせて平塚で会おう…という流れになったわけです。

で、実際にふじさわさんに会ってきた

そんなわけで、会ってきましたよ、ふじさわさんに。当日は中込孝規さん(nakagome63)も来てくれて、3人で楽しく話ができました。

話すことと言えば、ブログのこと、Twitter発信の裏話、他のフリーランサーやブロガーさんたちのこと、平塚のこと…などなど。

どんなに楽しかったのかは、その日撮ってもらった写真を見ていただければ分かると思います。

みんなでパチリ

フームフム

アハハハ

あーっはっはっは!

いやー、ほんとに楽しかった。場所が地元のデニーズってのもエモかった。

悔しいのは、本当は藤咲和也さん(kazuyafujisaku)も来てくれてたのに、僕が息子の寝かしつけに手こずって遅刻したばかりにお会いできなかったんです。藤咲さんが先に帰らなくてはいけなかった理由は、数日後に個展を控えていたから(彼は革作家です)。その個展についてはこちらの記事に書きました(今日最終日です!)

後日談

翌日、こんなツイートが! こういう粋な事してくれるあたりも彼らはホント最高に良いヤツらです!!

今度は僕もいっしょに天丼食べに行きたいです!

関連書籍

以上、ふじさわさんと平塚で会った話(というか、主にふじさわさんの紹介)でした。

せっかくなので、最後にふじさわさんの著書の一部を紹介します。

▼個人的に僕が一番好きな、ふじさわさんの半生記的な著書

▼こちらはすごく売れて、紙の書籍として書店でも売られてます

【おまけ】ふじさわさん、noteが絶好調!の巻

あと、ちょうどお会いした日に、その前日に公開した有料noteが絶好調に売れてて、結果的に500冊以上売れたとのこと(僕も買いました)。自身のアフィリエイトの成功裏話を赤裸々に書いた記事なんですけど、アフィリエイトでの稼ぎ方としても非常に参考になるし、読み物としても楽しめちゃう内容なので、気になる人は是非チェックしてみてください。最初の数日だけ780円で(僕はその期間中に買った)、今は1780円に値上がりしてしまいましたが、アフィリエイトでこれから稼ぎたいと思っている人にとっては1780円以上の価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA