イラストレーターのあだちゆうさんがマンガを描いてくれました!

こんにちは。『フリーランスで行こう!』著者の高田ゲンキ( genki119)です。

『フリーランスで行こう!』発売から10日ほどが経ち、予想を遥かに超えるたくさんの反響をいただいて嬉しい毎日なのですが、今日は特に嬉しい反響をいただきました。イラストレーターのあだちゆうさん(ADATI_YU)が、僕の『フリーランスで行こう!』を読んでご自身の身に起きたことをマンガに描いてくれたんです!

これがそのマンガだ!

これはもう、作者冥利に尽きると言うか、感無量という他ありません。本当に発信をしてきて良かった!と思いました。もちろん、SNSで感想をサラッと書いていただいたり、Amazonレビューを書いていただくのも超嬉しいのですが(特にAmazonレビューは超超嬉しいです!)、マンガ描きだから分かるのですが、このゆうさんのマンガはかなり描くのに時間がかかるはずなんです! それだけ時間を割いて想いを伝えてくれたのが、本当に嬉しかったんです。

そして、手間ヒマかけてるだけじゃなくて、このマンガ、実に読みやすくて面白いですよね。個人的には3ページ目1コマ目の「当日はコンビニで干し梅を食べて時間をつぶした」ってところがツボですね。思わず「それ、ぜんぜん必要ない情報だよね!?」ってツッコミ入れちゃいましたw しかも、ペットボトルのお茶のラベルをよく見ると「oh〜yes!お茶」って書いてあったり、芸も細かくて、こういうのすごい好きです!

元ツイートはこちら

よかったらいいねやリツイートしてください!

こんなに上手いマンガだけど…

それにしても何に驚いたかって、あだちゆうさんはこれが初めて描いたマンガらしいのです。それにしては上手いし面白いと思うんですけど!? なので、「このマンガも営業用のポートフォリオに入れれば、マンガの仕事も来ると思いますよ!」と助言させていただきました。ゆうさんが隠れた才能を開花させたという意味でも、このマンガを描いていただたいのは二重に嬉しかったのでした。

ちなみにゆうさんはイラストのクオリティも非常に高いです!

▷ あだちゆうさんのサイトでイラストを見る

あだちゆうさんのマンガで証明されたこと

僕がこの記事で言いたいことはもうひとつあります。それは…

『フリーランスで行こう!』はイラスト営業の指南書になる!

…ということ。

ゆうさんのマンガの最後には

ゲンキさんの漫画の台詞をそのまま使って営業電話したくらいお世話になりました

と書いていただいてるんです。そして、その結果としてイラストの仕事を得られることが証明されているわけなので、これはもうそういうことなんです。

先月、僕は自分の駆け出しの頃のイラストファイル(ポートフォリオ)をnoteで有料公開したのですが(これがかなり売れてます!!)、その後「ファイルだけじゃ不十分だから、具体的な営業方法の指南も有料noteで書こうかな…」って思ってたところだったんです。しかし、どうやら『フリーランスで行こう!』だけで最低限の指南書としての役割は果たせているようなので、「これから営業をしたい」という人にも自信を持ってオススメしていける!と改めて確認できました(ゆうさん、ありがとうございます!)。

↓僕の駆け出しの頃のイラストファイルはこちら

最後は宣伝…

そんなわけで、僕の渾身の著書『マンガ フリーランスで行こう!』を、どうぞよろしくおねがいします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA