まるで絵本の中のような世界! 大磯の不思議な建物『エピナール』

こんにちは。高田ゲンキ( genki119)です。

今日は僕のマンガにも登場する不思議な建物「Epinard(エピナール)」を紹介します! ここは先日のYouTube生放送をした場所でもあり、13年前に僕が妻と出会った場所でもあります。

あと、本記事の最後でも触れますが、こちらのエピナールはAirbnbで宿泊施設としても利用できます。写真を見て「こんな空間でのんびり過ごしたい!」と思ったら、是非ご利用くださいね(東京から1時間強の好アクセスです)。

本当に素敵な空間なので、ぜひご覧下さい!!

とにかく写真を見てください!

エピナールの魅力は、とにかく空間演出の素晴らしさ。その一端でも伝わればと、オーナーの中里さんに許可を得て撮影させてもらってきました(写真はクリックで拡大します)。

外観

場所は神奈川県大磯町。のどかな田園風景の中に突如現れる不思議な建物。

それがエピナールです。

日本ではなかなか見られない、手作り感あふれる有機的なデザインの建築。フランスの田舎町か、あるいはジブリの世界に出てきそうな佇まい…。

では、中に入ってみましょう。

エントランス

中に入ると、こんな素敵なエントランスが。自然光が気持ちよく、夏でもひんやりして気持ち良い空気がただよっています。

振り向いて入口の方を見たところ。もう既に異国感がすごくて、さっきまでの日本の田園風景が遠い場所のように感じます。

ホール

エントランスを奥に進むと、突き当りにホールがあります。

このスペースは、かつてカフェでした。そしてそのカフェで僕は妻の美穂子と出会ったんです(美穂子がここのカフェで働いていて、僕がそこにお客さんとして行き、出会いました)。

『フリーランスで行こう!』P117の背景はこの部屋

そして、先日のYouTube生放送も、この部屋からお送りしました。

その他の部屋の写真は、ギャラリーでどうぞ

かつて数多くの撮影にも使われて来た、エピナール

…と、ここでちょっと見ていただきたい動画があります。

僕がマンガ制作に使っているクリップスタジオというソフトのiPad版のプロモーション映像(海外向けの英語版)なんですけど…

おわかりでしょうか? これ、エピナールで撮影しているんです! そうと知らなければ、どこか海外で撮影したんだな…って思ってしまいますよね? エピナールは、そういう場所なんです。

そして、僕がAdobe Illustratorと並んで最も使用するソフトの映像がエピナールで撮影されたというのは、なんか不思議な縁を感じてしまうのでした。

エピナールに民泊しよう!

写真を見て「こんな空間でのんびりした時間を過ごしたい!」と思った方! Airbnbでエピナールに宿泊することができますよ!

▽ 詳細や予約はこちらから

エピナールのAirbnbの様子は、昨年るってぃさんもブログに書かれてます

地図



まとめ

以上、神奈川県大磯町の素敵空間、「エピナール」の紹介でした!

エピナールの創設者である中里柾美さんは、今は人と人とのつながりで夢を実現できる一人一人の演出をされていて、その為のドキュメンタリー写真も撮らている方です。

ここはAirbnbを通じて世界中からクリエイターたちが集まって来ています。

関心ある人は是非チェックしてみてください!

関連サイト

オーナーの中里さんによる、Airbnbゲストたちを撮った写真のギャラリー。すてきな写真を見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA