Genki Wi-Fi

フリーランス イラストレーター高田ゲンキの情報発信ブログ、『Genki Wi-Fi(ゲンキ・ワイファイ)』。

*

Macでイラストを描きたいけどPhotoshopやIllustratorは高くて買えない人に贈る2つの解決策 〜その①〜
『デジタルハックで節約する』

   

 - IT, イラストレーターになるには    -

LINEで送る
Pocket

前回の記事でイラストを描くためのソフト(アプリケーション)について少し触れましたが、今回はそのアプリケーションのことを中心に書いてみたいと思います。

趣味でイラストを描いている人に「プロのイラストレーターになりたい」という相談をされてアドバイスをする際に、いつも大きな参入障壁として立ちはだかるのがAdobeのPhotoshopやIllustrator等のグラフィックソフトの導入です。趣味でイラストを描いている人にとってAdobeのアプリケーションは価格が高すぎるので、Adobe以外の安いグラフィックソフトでイラストを描いている場合が多いのですが、Adobeのアプリケーションを使うべきというアドバイスをすると、「高すぎて導入できない」という声をよく聞きます。

sponsored link

Adobeのアプリケーションが必要な理由

プロのイラストレーターとして活動するにあたって、Adobeのアプリケーションが必要と言われるのにはいくつか理由があります。

① CMYKモードがある

コンピュータで作成する写真やイラストなどのグラフィックデータには“RGB”と“CMYK”という2種類のカラーモードがあります。こまかい説明はここでは省略しますが、Webやアプリ等、パソコンやスマホの画面に表示させるためのデータはRGBで作成し、本や雑誌やチラシなど、紙に印刷するためのデータはCMYKで作成する…と理解しておけば良いと思います。

そして、一部例外を除いて無料や安価のグラフィックソフトには、ほとんどの場合RGBモードしかついておらず、プロとして紙媒体(出版・広告等)に納品するためのデジタルデータを作成することが出来ません。これが、僕が(というか一般論として)「仕事でイラスト描くならAdobeのソフトを使え」と言う最大の理由です。

雑誌が次々と廃刊になったりと紙媒体が縮小の一途をたどる昨今ですが、イラストレーションの需要はまだまだ紙媒体のシェアが大きく、RGBでしかデータを作成できない環境で仕事をするのは限界があります。

② 業界の共通プラットフォーム

もうひとつの理由としては、一緒に仕事をするクライアント(出版社やデザイン事務所、広告代理店など)も共通して皆Adobeのアプリケーションを使用しているので、暗黙の了解として「イラストの仕事ができる」イコール「Adobeのアプリを持ってる(使える)」と見なされる、ということが挙げられます。

厳密に言えば、Adobeを使用しなくても指定されたファイル形式で適切に納品できれば問題ないはずですが、一緒に仕事をするデザイナーから、指示と一緒にレイヤー分けされたIllustratorファイルやPhotoshopファイルが送られてくることも多く、それだけ「Adobe使えて当然」という条件がほぼ常識化しているのです。

③ 膨大なチュートリアル

AdobeのPhotoshopやIllustratorは世界中にものすごい数のユーザーがいるので、書籍やネット上のチュートリアルがダントツで充実しています。特に英語の教材は無料なのにハイクオリティなものが多いので、おススメです。「イラストレーターになりたいからイラストレーションの学校に行く」という発想の人が多いですけど、僕からしたら、学校なんて行かずにAdobeのソフトを買って、無料のオンラインチュートリアルを見て家で練習しまくる方がプロになれる確率は高いと思います。そして、Adobe CCの金額はイラスト学校の学費より遥かに安いはずです。

解決策 ①: ライフハックで月5,000円を生み出してAdobe CCに投資する

僕が今(2015年現在)20歳くらいで、イラストレーターになりたいけどお金に余裕が無い日本の学生だったとしたら、間違いなくこの方法でAdobeのアプリを契約します。

まっさきに思いつくのは携帯をプリペイドにすること

僕が知る限り、ほとんどの人が大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク等)と2年契約で携帯(スマホ)を利用していると思いますが、これは僕からするとかなりお金の無駄遣いで、ここをライフハックするだけで5,000円くらいの節約が可能です。

僕だったら、すぐに違約金を払ってでも携帯の契約を解約し、SIMフリーのスマホを買って格安プリペイドSIMを利用します。違約金とかスマホ代で一時的にお金はかかりますが、場合によっては月々5,000円以上浮くので数ヶ月で元が取れて、その先は月々のAdobe CC代くらいにはなるはずです。

この辺はまた改めて詳しく書きたいと思いますが、今だったら、最近サービスをスタートしたFreetelとか良いなーと思ってます。

WiMAXを使うのもアリ

あと、“一人暮らしをしていて、アパートに固定インターネットを引いてる人”の場合は、固定インターネットも解約して、家と外出先のネットを全てWiMAXにまとめてしまえばさらに節約もできます。これは過去の記事で書いているので参考にしてください。

iPhoneを使わずiPod touchにするのもアリ

日本はiPhoneの普及率がダントツで高いそうです。たしかにiOSの安定性や使いやすさは素晴らしいと思いますが、一方でiPhoneの価格はハンパ無く高いです。というわけで、iOSは使いたいけどお金が有り余ってるワケではない人はiPod touchを使用するのもひとつの手です。日本だったらiPod touchと一緒にガラケーとWiMAXルーターを持ち歩けば、はるかに安くiPhoneと同等の機能を使えます。かさばるのは難点ですが、一方でバッテリーの消費や故障によるリスクを分散できるメリットもあります。こちらも過去記事を参考にしてみてください。

sponsored link

このくらいのデジタルハックはできるべき!!

こういうデジタルハックによる解決法を提案すると、かなりの確率で「難しい」とか「よく分からない」とか「めんどくさい」などと言われて、あまり良い反応を得られないことが多いのですが、僕は(少なくともフリーランサーとして働きたい人は)このくらいのデジタルハックを理解して使いこなせるべきだと思っています。今やパソコンやインターネットなどのテクノロジーは、電話や郵便と同じレベルの(あるいはもっと重要な)インフラであり、フリーランサーとして一人で仕事をまわしていくくらいの覚悟があるのなら、そのくらいのテクノロジーも頑張って理解できるはずだと思うのです(そもそも、ある程度誰にでも理解できるように作られているものばかりなワケですし)。

あと、僕がMacを使い始めた頃(2000年くらい)は、(大きな声では言えませんが)違法コピーのアプリケーションが出回っていて、僕もその恩恵で最初にAdobeのソフトを触る機会を得ました(もちろん、後にパッケージ版を購入)。現在ではAdobeのライセンスの管理が厳しくなって違法コピーでPhotoshopやIllustratorを使うことができなくなったので、そういうかつての状況をうらやむ声もしばしば聞きます。しかし、現在はアプリケーションにお金がかかる(まあ、厳密には昔からかかるわけですが…)一方で、別の部分でお金がかからなくなっているので、そこを活用してアプリ等への投資にお金を回すべきなのです。

たとえば、僕が若かった頃は、音楽を聴くにはCDを買うしかなかったし、友達との連絡手段は携帯電話しかなかったのです。だから、月に10,000円分くらいCDを買ったし(特に僕は音楽をやっていたので、研究として色んな音源を聴くためにたくさんCDを買いました)、友達とすこし長電話した月には必ず携帯料金が10,000円以上かかってしまったものです(時には20,000円以上いってしまったこともあった…)。その点、今ではYoutubeやSpotify(おっと、これはまだ日本では使えないんでしたね…)などでいくらでも音楽が聴けるし、SkypeやLINEで友達や家族や恋人と無料でいくらでも通話ができ、そのテクノロジーの恩恵によって浮く金額の方がはるかに大きいはずです。つまり、現在でもCDや携帯代で10,000円以上かかっている人は、すっかりその分が節約できるポテンシャルを持ってるということです。

こういうことを言っていると“小うるさいITおじさん”みたいですけど、とにかくテクノロジーを最大限活用して無駄な出費を抑えて、その分Adobe CC等の“自分の将来の可能性を拡げるツールへ”への投資に充てるべきなのです。

長くなったので、もうひとつの解決策は記事を分けて次回書きたいと思います。

sponsored link


LINEで送る
Pocket


 - IT, イラストレーターになるには    -




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

イラストレーターになるには①
「イラストレーターになりたかったら、デッサンをやるべし!」

前回のエントリー「続・イラストレーターになるには – 序章『イラストレーターは職人であれ!』」から間が空いてしまいましたが、「イラストレーターになるには」シリー …

ベルリンのスタートアップを紹介する 動画メディア『Techtalk.berlin』はじめました!

おひさしぶりです。高田ゲンキ( genki119)です。 久しぶりの更新になってしまいましたが、今日は新しいプロジェクトの報告です。 sponsored lin …

イラストレーターになるには ④
「イラストレーターは東京に出るべきか?」

イラストレーター志望の方から相談受ける際、首都圏以外の地域に在住の方からよく「イラストレーターになるためには東京に出るべきか?」という質問を受けるので、今日はこ …

イラストレーターになるには ③ 「イラストレーターはビジネスパーソンであれ!」

「イラストレーターになるにはシリーズ」、第三弾は「イラストレーターはビジネスパーソンであれ!」と題してお送りします。 Contents1 「絵が上手い人」が、必 …

今、Mac入門者がイラスト制作用に iMacを買うとしたら、この1台!

前回の記事で、先週新しく発売されたiMacについて書きましたが、今回は「これからイラストレーターになる人が、イラスト制作のメインマシンとして買うとしたら、どのi …

イラストレーターになるには ②
「イラストレーターになりたかったら、デジタルをきわめろ!」

「イラストレーターになるには」シリーズ、本編第2回目は「デジタルをきわめろ!」です。 Contents1 デジタルをきわめろ!2 なぜデジタルが大事か【制作編】 …

Factory Berlinの1周年パーティーに行ってきた!

昨年ベルリンの中心地にオープンしたFactory Berlinが1周年を迎え、7月4日に1st Anniversaryパーティーが催されたので参加してきました! …

「イラストレーターになるにはシリーズ」について書いておきたいこと

前回の『イラストレーターになるには①「イラストレーターになりたかったら、デッサンをやるべし!」』からずいぶん時間が経ってしまいましたが、近々「イラストレーターに …

【Q&Aコーナー ② 】
「Q:Macの購入を検討しています。どのMacが良いですか?」→「 A:買わずにカスタマイズすると良いと思います」

Contents1 Q:「Macの購入を検討しています。どのMacが良いですか?」2 A:「一番オススメなのは、“買い替えずにカスタマイズすること” …

SONY RX100M3を1ヶ月使ってみたので レビューを書いてみる

RX100M3を1ヶ月使ってみたので、そろそろレビュー記事を書いてみようと思います。購入を検討している人の参考になれば幸いです。 Contents1 僕のカメラ …

Macでイラストを描きたいけどPhotoshopやIllustratorは高くて買えない人に贈る2つの解決策 〜その①〜 『デジタルハックで節約する』 |

フリーランス イラストレーター高田ゲンキの情報発信ブログ、『Genki Wi-Fi(ゲンキ・ワイファイ)』。

Copyright© Genki Wi-Fi , 2015 All Rights Reserved.