Genki Wi-Fi

フリーランス イラストレーター高田ゲンキの情報発信ブログ、『Genki Wi-Fi(ゲンキ・ワイファイ)』。

*

僕の半生 ③ | 浪人時代編| 1996年(19歳)

      2015/10/02

 - 人生論, 「僕の半生」    -

LINEで送る
Pocket

sponsored link


高校は卒業したものの、浪人をしてまで大学に行きたいとは思えず、かと言って労働意欲も全く湧かず、最初の数ヶ月はただ無気力に過ごしていましたが、いつまでも無気力に過ごしていると廃人になってしまうので、仕方なく「今後の自分の進路をどうすべきか」という問題に人生で初めて正面から向かい合うことにしました。

まず、大学に行きたくなかったのはどうしてかというと、そもそも高校までの学校生活で飽き飽きした「お勉強」を、更にこの先4年もするのは考えるだけで目眩がするし、それだけでなく、僕は日本のいわゆる「学歴社会」における大学進学至上主義が大嫌いで、むしろもっと良い社会を作るべきだと思っていたのです。しかし、あれこれ考えているうちに「大学にも行かず学歴社会を批判するのは、他人から見ると全く説得力のない“負け犬の遠吠え”にしか見えないのではないだろうか…」と気づき、むしろ学歴社会を批判したいのなら、まずは大学に入るべきだと思い直し、浪人して大学受験をすることに決めました。

sponsored link

そうすると、次は「どの大学に行くべきか?」という問題に直面するわけで、東大あたりを出れば説得力もMAXでかっこいいのですが、そこまでの学力も当然無く、受験勉強に対する熱意も限りなく無に等しかったので、違う基準で考えることにしました。ほとんどの人は「就職に有利な大学」を志すわけですが、それこそが本来学問を究めるための学府である大学の本分からすると本末転倒で学歴社会が腐敗している原因だと考え、僕はあくまで「自分が関心ある分野」を勉強するために進学することに決めました。その時点で一番関心があったのは、『幼稚園〜中学時代編』と『高校時代編』で書いた通り通り「マンガ」と「音楽」だったのですが、いろいろと考えた結果、美大・音大は自分の志望からは外しました(この理由については、また別の機会に書きたいと思います)。

結局僕は「インド」について勉強をする事に決めました。理由は、中学生の時に妹尾河童さんの「河童が覗いたインド」という本を読んで以来、強烈にインドに惹かれ、いつも心のどこかで憧れていた国だったからです(…と今書くと、何とも馬鹿げた頼りない動機ですが、少なくともその時は経済学や法学や商学や文学を学ぶよりもずっとリアルに感じられたのです)。

それで、ようやく自分の中でモチベーションが湧いて、夏から受験勉強を始め(予備校には行かなかった)、運良く第一志望だった「東海大学文学部文明学科アジア専攻南アジア課程」に合格することができました。思えば、この大学合格は、僕の人生で初の社会的成功体験でした。

大学時代編に続く

sponsored link


LINEで送る
Pocket


 - 人生論, 「僕の半生」    -




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

自分のことについて書くことの決意表明

僕は今まで、ブログやSNSで自分についてそれほど語ってきませんでした。イラストを描く事が僕の本分なので、伝えたい事はイラストを通して表現するべきだと思っていたし …

僕の半生 ⑪ | イラストレーター・駆け出し編| 2004年2月(27歳)〜2006年12月(30歳)

sponsored link 独立して半年ほどは、知り合いづての小さな仕事をしていたくらいで、特に大きな進展もなく過ぎて行きました。会社員をしていた2年間が、ほ …

僕の半生 ① | 幼稚園〜中学時代編| 1979年(3歳)〜1992年(15歳)

sponsored link 自分について書くにあたり、まず自分の半生を綴りたいと思います。というのも、生い立ちが似ている人は、考えに共感を抱きやすい傾向がある …

ドイツに行きます

sponsored link 2012年12月3日(月)から夫婦でドイツに行くことにしました。 しばらくベルリンで生活してみるつもりです。 仕事は今までと全く変 …

僕の半生 ⑨ | デザイナー・前編| 2002年10月(25歳)〜2002年12月(26歳)

sponsored link 9月に最後のライブを終え、音楽事務所にも理由を話して契約を解除してバンドを解散すると、僕はただの会社員デザイナーとして、無気力にし …

我ながらアツい、『僕の半生』

先月、旧ブログ内に連載し、SNSなどでシェアしたところ予想以上の反響をいただいた半生記、『僕の半生』を本ブログに転載しました。 ↓こちらのリンクから第一話にアク …

僕の半生 ② | 高校時代編 | 1993年(16歳)〜1995年(18歳)

sponsored link 高校時代も相変わらず学校はつまらなく、友達ともうまくつき合えませんでしたが、この時期に徐々に「男は孤独な方がかっこいいんじゃないか …

いじめられっこたちよ、長渕剛を聴け!

先日書いた僕の半生記でも何度か触れましたが、僕は子どもの頃、たびたびいじめに遭いました(「いじめ」という呼称自体、非常にナンセンスだと思いますが、便宜上この言葉 …

僕の半生 ④ | 大学時代編| 1997年(19歳)〜2000年(22歳)

sponsored link 大学時代の4年間は、それまでの人生の中で最も楽しく解放された時間でした。車ばかり走らせて(車通学でした)、タバコばかり吸って(後に …

僕の半生 ⑩ | デザイナー・後編/イラストレーター・立志編| 2003年1月(26歳)〜2004年1月(27歳)

sponsored link 2003年前半の半年間、僕は大寺聡さんに憧れて、会社員をやりながら夜な夜なイラストの練習をする日々を送りました。大寺さんはもともと …

僕の半生 -3 | 浪人時代編| 1996年(19歳)

フリーランス イラストレーター高田ゲンキの情報発信ブログ、『Genki Wi-Fi(ゲンキ・ワイファイ)』。

Copyright© Genki Wi-Fi , 2014 All Rights Reserved.