『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

フリーランスになる理由なんて何でも良い!〜僕がフリーランスになったどうしようもない2つの理由〜

こんにちは。フリーランス・イラストレーターの高田ゲンキ( genki119)です。

最近はマンガTwitterを通してフリーランスに関する発信をしていますが、こういう発信活動をしていると、年配の人がフリーランス志望の若い人に対して

フリーランスという働き方は手段でしかないはずだが、これは目的にしてる。本末転倒だ

なんて批判めいたことを言っているのを目にすることが時々あります。

これはたしかに正論です。本来は自分が本当にやりたい仕事とか好きなこと、得意なことが先にあって、それを実現するための手段としてフリーランスになるべきか、会社員として働くべきかを決める…というのが、あるべき順序だからです。

それが逆になってるってことは、ある意味で中身空っぽなのにカッコから真似したいみたいな薄っぺらな印象を持たれかねないということでもあるのです。

しかし、僕は…

ゲンキ

とは言え、べつに「フリーランスになりたい」が先でも良いよね…

と思ってます。

なぜなら、僕もまた「フリーランスになりたい」と思ってフリーランスになったからです。今でこそイラストレーターとして身を立てて、フリーランス論を発信したり、フリーランスの漫画書籍を出したりしている僕ですが、最初は本末転倒な動機でフリーランスを志したのです。

というわけで、今回は僕が若い頃になぜ「フリーランスになりたい」と思ったか、その理由を2つご紹介します。

僕がフリーランスになった理由①
「何かMacを使って家でできる仕事がしたかったから」

僕が一番最初に「フリーランスになりたい」と漠然に思ったのは、大学を卒業した年(2000年)のことでした。その年、大学の卒業直前に音楽制作のために全財産をはたいてMacを買った僕は、Macの魅力にどんどんハマりました。その頃Macでしていた事といえば…

  1. 音楽制作(MIDIの打ち込み)
  2. HTMLで簡単な(バンドの)ウェブサイト作成
  3. インターネット徘徊
  4. Illustrator8.0とPhotoshop5.5をこれから勉強しようかな…

程度でしたが、とにかくMacのインターフェースのかわいさとインターネットの果てしない可能性に魅了されて、

ゲンキ(23歳・無職)キ

なんか分からんけど、このMacを何かしら極めたら家にいても仕事ができちゃうんじゃないか? それってなんかカッコ良くない?

と思うようになったんです。

言っておきますが、この23歳の時点で、僕は将来的にイラストレーターになるというビジョンは全く持っていません。それどころか、この時期は全く絵は描いてないし、上記の通りIllustratorもPhotoshopも「勉強してみようかな…。でも難しそうだな…」と手をこまねいている状態です。

しかし…

ゲンキ

なんでも良いから在宅でMac使う仕事したい!

(なぜなら、知的っぽくて、カッコ良くて、通勤無くて楽だから)

という気持ちだけが先走っていたのでした。

僕がフリーランスになった理由②
「夕焼けを毎日見たかったから」

フリーランスになりたかったもうひとつの理由、それは

夕焼けを毎日見たかったから

です…!

今でもそうなのですが、僕は病的に夕焼けが好きで、きれいな夕焼けを見つけると高いところに登って、夕日が落ちて、その後空が赤く染まってすっかり暗くなるまで呆然と見続けてしまうほどの夕焼け好きなのですが、会社員時代は(夏至前後の時期以外は)定時上がりの日でも退社した頃には日が暮れていてギリギリ夕焼けが見れなかったんです。

仕事自体は好きでしたが、大好きな夕焼けを我慢してまで会社で仕事をする意味なんてあるのか?と次第に自問自答するようになりました。結局、その他にもいろいろときっかけがあって、程なくして退職してフリーランスとして独立したわけですが、独立して数年は、特に夕暮れ時に自由に時間が使えること が本当に嬉しくて、どんなに忙しくてもその時間になると海まで散歩に行き、日が暮れるまでシャッターを切り続けたものです。

↓その頃撮った夕焼けの写真の一部です

ちなみに、この辺の写真はフリーランスになりたての頃に買った、キヤノンのキスデジで撮っていました。2011年ごろにハイエンドコンデジ派に転向した際に売却してしまいましたが、良いデジタル一眼レフカメラでした。

▽当時使っていたキスデジの後継機

▽現在使用しているハイエンドコンデジ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥56,979 (2019/09/16 02:57:43時点 Amazon調べ-詳細)

▶関連記事 SONY RX100M3を1ヶ月使ってみたので レビューを書いてみる

まとめ

以上、僕がフリーランスになった理由(の一部)をご紹介しました。どうですか?かなり馬鹿げた理由だと思ったのではないでしょうか?

もちろん、理由や動機がふざけていても、その分フリーランスになるためのリサーチやスキルアップはストイックにやる必要があることは言うまでもありません。ただ、そういった上昇志向も漠然とした強いモチベーションによって実現するものでもあるので、最初に沸き起こった「自分はフリーランスになるんだ!」という強い衝動は、他人に何と言われようと大事にして欲しいのです。

マンガ『フリーランスで行こう!』発売中です!
僕、高田ゲンキが

  1. 会社員時代にフリーランスになる決意した理由
  2. 会社を辞め独立してフリーランスイラストレーターなった時の事
  3. 駆け出しの頃にした苦労や成功体験
  4. 仕事を軌道に乗せるためにした工夫
  5. フリーランス同士の結婚生活
  6. 金銭トラブルへの法的な対応
  7. ロケーションから解放されて海外に移住する話
などを一冊に盛り込んだフリーランス漫画の決定版、大好評発売中です!

▼紙の書籍はこちら

▼Kindle版はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA