『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】

【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】

WordPressでブログやサイトを運営している皆さん、バックアップ、ちゃんと取っていますか?

WordPressのバックアップ用プラグインは数多く存在しています。これまではBackWPupが主流でしたが、最近UpdraftPlusを使ってみてBackWPupよりも良いと感じたので、今回この記事で紹介しようと思いました。

UpdraftPlusがオススメな理由

UpdraftPlusが特に素晴らしいのは、下記の3点。

① 設定や操作が簡単

とにかく設定項目が少なく、設定が簡単です。これだけでも非常に印象が良い(設定方法に関しては、後ほど説明します)

そして、UpdraftPlusがすごいのは初期設定だけでなく、復元作業も非常に簡単であるということ。

もしサイトが何らかの不具合で消えてしまっても、このプラグインでバックアップを取っておけば、簡単に復元することができます。

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress ゲンキ

これは、サイト運営をする上でかなりの安心材料になります!

②無料版でGoogleドライブが使える

このUpdraftPlusの最大の長所が、この無料版でもGoogleドライブをバックアップ先として指定できるという点。

Googleドライブは無料版でも15GBと大容量なのでWordPressサイトのバックアップ先として最適ですが、多くのバックアッププラグインは有料版にしないとGoogleドライブを使用することができません(BackWPupも有料版のみ)。

その点、このUpdraftPlusなら無料版でGoogleドライブを使用できます。

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress ゲンキ

これは本当にポイントが高いです!

③GoogleのAPIキーが必要ない

多くのプラグインは、Googleドライブをバックアップ先として使用するにはGoogleAPIキーを要求しますが、UpdraftPlusはそのGoogleドライブを使用する際にGoogleAPIキー(プラグインがGoogleAPIと交信するための認証)を取得→登録する必要がありません。

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress ゲンキ

GoogleAPIキーの取得や登録は慣れない人には煩雑で面倒なので、これも非常に嬉しいです!

UpdraftPlusのインストール方法

では、さっそくUpdraftPlusの導入方法を説明します。

まずはインストール方法。

STEP.1
UpdraftPlusを検索

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

① ダッシュボードのメニューにある[プラグイン]から新規登録をクリックし、
② キーワードに「UpdraftPlus」と入力し、
③ UpdraftPlusが現れたら[今すぐインストール]をクリックします。

STEP.2
プラグインを有効化

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

インストールが終了すると⬆この様になるので、[有効化]をクリックしてください。

STEP.3
完了

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

インストールは以上です。

そのまま設定するのが望ましいので、⬆このような表示になったら[スタートするにはここをクリック]をクリックしてください。

UpdraftPlusの設定方法(Googleドライブを使用)

次に設定方法です。

前項の最後の[スタートするにはここをクリック]をクリックすると、UpdraftPlusの設定画面の[設定]セクションが自動で開くので、その画面の項目を上から一つずつ説明していきます。

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress ゲンキ

  ここでは、Googleドライブをバックアップ先として指定する方法を紹介します。

STEP.1

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

最初の項目では、バックアップの頻度を設定します。

僕はファイルもデータベースも、共に[毎月][2回]としています。

回数が多すぎるとサーバーへの負担が大きくなりサイトが重くなるので、このくらいが良いでしょう。

ファイルとデータベース

ここで「ファイル」と「データベース」という用語が出てきますが、WordPressでの定義は下記のとおりです。

ファイル画像やテーマ 等
データベース記事の内容/タイトル/公開日/カテゴリー情報 等

どちらも重要なものなので、必ず両方ともバックアップ取るようにしましょう。

STEP.2

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

次の[保存先を選択]では、Googleドライブを指定(クリック)してください。

STEP.3

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

バックアップするファイル]の項目では、⬆の様に3つ全てにチェックが入っているようにします。

STEP.4

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

⬆このセクションは何もしなくてOK。

最後に[変更を保存]をクリックしてください。

STEP.5

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

すると、⬆この様な画面になるので、赤く囲った部分のテキストをクリックします。

クリックするとGoogleドライブの認証画面になります。

STEP.6

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

⬆使用する自分のGoogleアカウントを選択(クリック)してください。

STEP.6

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

⬆するとこういう画面になるので、[許可]をクリックします。

STEP.6

 【プラグイン】WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!【2020年|Googleドライブ|クラウド】 WordPress

設定は以上です。

⬆[Complete setup]をクリックするとUpdraftPlusの設定画面に戻り、初回のバックアップが開始されるはずです。

その後はStep.1で指定した頻度で自動バックアップされます。

まとめ

以上、オススメのWordPressのバックアップ用プラグインUpdraftPlusを紹介してみました。

ブログやサイトのコンテンツは時間をかけて作った自分の財産。必ずバックアップを取って、不測の事態に備えましょう🤓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA