『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】

前の記事ではXサーバーで独自SSL設定する方法について説明しましたが、今回はその際に合わせてやるべき非SSL(http)からSSL(https)への301リダイレクト(※)Xサーバーでの設定方法について説明します。

※ 「リダイレクト」とは指定したサイトから自動的に他のURLに転送されること。

注意

本記事の内容はサーバーの扱いに慣れている上級者向けです。設定後にエラーが出るリスクもあるので、自信が無い場合は👇こちらで紹介しているプラグインを使用することを強くオススメします。

プラグインで簡単にSSL化しよう!|Genki Wi-Fi

 XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】 WordPress ゲンキ

この301リダイレクト設定をしておかないと検索エンジンの評価が非SSLとSSLで分散されてしまいSEOが弱くなってしまうので、SSL化と合わせて必ず設定するようにしましょう

Xサーバーの301リダイレクト設定方法

では、リダイレクト設定方法を説明していきます。

設定はFTPソフトを使用してもできますが、Xサーバーの場合はサーバーパネルから可能なので、今回はその方法を説明します。

STEP.1

 

 XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】 WordPress

サーバーパネルで、[設定対象ドメイン]を選択してから、[.htaccess編集]をクリックしてください。

STEP.2

 XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】 WordPress

すると、⬆このような画面になるので、[.htaccess編集]のタブをクリックします。

STEP.3

注意

このセクションが最も重要です。細心の注意をはらって、ミスの無いように作業してください。

 XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】 WordPress

⬆このような画面が現れたら、下段のコードの冒頭部分に⬇この内容を追記してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

もともとあったコードは必要なものなので、絶対に消したり編集しないでそのままにしてください。

STEP.4

 XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】 WordPress

コードを追記したら画面を下方にスクロールして、[確認画面へ進む]をクリック。

次のページで変更内容を確認したら、またスクロールして[実行する]をクリックしてください。

 XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法【WordPress|SSL化|X SERVER|https|301】 WordPress ゲンキ

  301リダイレクトの設定は以上です!

301リダイレクトが反映されているか確認する

設定が完了したら、301リダイレクトが反映されているか確認してみましょう。

SSL化前のURL(http://…)でサイトにアクセスをして、自動でSSL化後のURL(https://…)に転送されれば、リダイレクト成功です。

⬇成功していれば、ブラウザのアドレスバーがこんな感じになります。



まとめ

以上、XサーバーでSSL化した後のリダイレクト設定方法についてでした。

Xサーバーで独自SSL設定をする際には、こちらも必ず忘れずに設定してくださいね🤓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA