『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

ベルリンで美容室に行きたいなら「LINK」がオススメ!

こんにちは。高田ゲンキ( genki119)です。

ベルリンで暮らしはじめて早くも8年目を迎え、昨年にはドイツ永住権も獲得できた僕ですが、こうしてベルリン生活がそこそこ長くなってくると、新しくベルリンに住み始めた人や旅行者から色々と質問される機会も増えてきます。その中でもトップレベルで多い質問のひとつが、「ベルリンのオススメの美容室ってありますか?」というもの。

ゲンキ

オススメの美容院? もちろんあります!

というわけで、僕のオススメの美容室をご紹介したいと思います。

その名は”LINK HAIR DESIGN”

その店の名は、LINK HAIR DESIGN(リンク・ヘアデザイン)

オーナーの齋藤さんが10年以上前からプレンツラウアーベルク地区で経営している美容室で、僕も7年前にベルリン移住した直後からずっと通っています。

僕がLINKを知り、リピーターになった経緯

移住したばかりの頃は、ドイツ人が経営している適当な美容室に行こうかな…と考えていたのですが、ドイツ在住歴の長い知人に「アジア人は髪の量が欧州の人たちと比べると多いので、アジア人の頭髪の多さに慣れてない現地の美容師に切らせると酷いことになることもある」と言われて怖気づき、焦ってネットで調べたところ、このLINKという美容室を知りました。

そして、すこし緊張しつつ電話で予約を取りお店に行ったのですが、一度行ってみたらすっかりこのLINKのファンになってしまい、それ以来現在に至るまで通い続けています。

その理由は、

  1. オーナーの齋藤さんの気さくな人柄
  2. 斎藤さんの美容師としてのセンスとスキルの高さ

の2点に尽きます。

 

①の斎藤さん自身のパーソナリティに関してはまた別の記事で、この記事では②のお店のサービスのクオリティの高さやそれを裏付けているものについて触れつつ、僕がLINKをオススメしたい理由を説明していきたいと思います。

トレンドを取り入れつつも職人に徹する姿勢

本ブログでLINKを紹介したいと申し出たところ齋藤さんに快諾していただいたので、2020年1月某日、お仕事の合間にサロンにお邪魔して少し話を聞かせていただきました。

LINK店内。オブジェのひとつひとつにもこだわりを感じる。

オーナーの齋藤さんの話を聞く中で分かってきたのは、トレンドを取り入れつつも職人に徹するという斎藤さんの美容師としての哲学。

世界中の人が集まる国際都市ベルリンの中心地で10年以上にわたって支持されているだけあって、欧州にとどまらず世界各国のトレンドを常にチェックしているという齋藤さん(その情報収集だけでもすごい!と思いましたが、齋藤さん曰く「最近はSNS等ネットの情報が増えたので、昔と比べると情報収集はずいぶんラクになった」とのこと)。

しかし、そのトレンドもあくまで美容師として当然知っておくべき引き出しとしてインプットするものの、決してお客さんに押し付けたりはせず、あくまで「ヒヤリングする中でお客様が望んでいるヘアスタイルを見つけて、それを期待以上の形で叶えさせていただく事が一番大事」とのこと。

これを聞いて、「ああ、僕がこのお店に感じていた魅力や信頼感は、そういう思想に裏付けされてたんだ」と気づきました。

思想を裏付ける技術力

立体的でな構造の店内

もちろん、お客さんが望んでいるスタイルを形にするには、完成像の共有というある種センスの部分だけでなくそれを実現するための技術が必要になります。この技術(スキル)の維持や向上のために、齋藤さんは何をしているのでしょうか。

齋藤さんが言うには「カットなどの技術は長年ここでやってきただけの自信がある。でも、自分は根っから研究熱心なところがあるんです。たとえば、ここ欧州では日本の(毛髪を染めるための)薬品が手に入らない。だから、自分で欧州産の薬品を日本人・アジア人の髪に合わせるには…と試行錯誤してデータベースを作ったりするんです。そういう事をしているうちに、物の本質が見えてきて既存商品に頼らなくても自分で狙い通りの色を再現したりできるようにもなる。そういった積み重ねを数え切れないほどしているので、職人としての引き出しは誰にも負けない自負があるんです」とのこと。

↑その一例として、こんな物を見せていただきました。これは、サンプルの毛髪に異なった割合で薬品を使用した結果をひと目で見返せるようにアーカイブ化したもの。普段、ヘアカットしてもらいながら話している時のノリの軽い齋藤さんのイメージからは想像もつかないほど地道で研究熱心な一面を知り、驚きました。

そして、この「職人として」という言葉を聞いて妙に納得した事があります。それは、LINKで齋藤さんに「こんな髪型にしてほしい」と過去の写真や雑誌などを見せると「ああ、分かりました!」とふたつ返事でいとも簡単に再現してしまうこと。今まで僕は「さすが、すごいセンスだ」くらいにしか思っていませんでしたが、それはセンスだけではなく、こうした日々の努力によって何百何千という引き出しを持っているからこそできる、まさに日々の鍛錬の賜物だったのです。

オーナーの齋藤さん

そして、もうひとつ思ったのは、齋藤さんご自身が職人を自負しているからこその(良い意味での)敷居の低さがこのLINKにはあるということ。ベルリンの美容室というと、どこかアート色が強くて入りにくい(あるいは、自分の希望を率直に伝えにくい)というイメージが先行しがちですが、LINKにはそういった(ある種押し付けがましい)空気は無く、例えば僕が一時帰国の際に偶然入った日本の美容室でカットしてもらった時のスタイルを気に入ったので、その写真を見せて「こんな感じで」と言っても、「あ、良いですね!分かりました!」と喜んで対応してくれる(そして、見事に再現してくれる)のです。

街全体がアート色の強いベルリンでは、逆にこうした職人的で誰でも気軽にリクエストを言える美容室は貴重です(もちろんアート色の強いヘアスタイルにも対応してくれます)。

この話を聞いて、今後もLINKでヘアカットをしてもらいたいし、他の人にも是非勧めたい!とますます強く思いました。

子どもが遊べるスペースもあるので、子連れでの来店もOK

まとめ

以上、僕がベルリンでお世話になっている(そしてオススメしたい)美容室、LINK HAIR DESIGNのご紹介でした。

ベルリンでヘアカットやヘアカラー、パーマなどをしたい!と思ったら、是非一度相談してみてくださいね。

↓最後に、僕が最近LINKでヘアカットしてもらった時の写真(ツイート)を張っておきます! (齋藤さん、また次回もよろしくお願いします!)

美容室LINK HAIR DESIGNの情報

MAP

住所Prenzlauer Allee 5, 10405 Berlin
営業時間Mo.-Mi., Fr. 10.00 – 19.00
​Sa. 9.00 – 16.00
定休日木・日
ウェブサイトhttps://www.linkhair.de/
オンライン予約こちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA