『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

背景を上手くなりたいイラストレーターは、『建築知識』2019年10月号を読もう! 【背景|風景|パース|イラスト】

こんにちは。高田ゲンキ( genki119)です。

今日は、本日発売の建築知識という雑誌(2019年10月号)の紹介です。建築系の雑誌ですが、今月号はイラストレーター必読なんです!!

その理由は、今月号の特集タイトルを見ていただければ分かると思います。

『建築知識』2019年10月号表紙(クリックで拡大)

そう! 今月号の特集は「パースと背景画の最新技術」なんです。

created by Rinker
エクスナレッジ
¥1,690 (2019/10/14 03:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

というわけで今回は、この建築知識』2019年10月号の紹介と、その活用法について書きたいと思います。

なぜ、パースと背景画の最新技術を読むべきか

今年でフリーランス15年になるぼくですが、特に僕のフリーランスの活動の最初の10年がうまく行った要因のひとつに、僕が背景を描けるイラストレーターだったからというのがあります。

日頃からフリーランスの仕事について発信しているので、多くのフリーランス(その中でもイラストレーター)志望者の方から相談をいただきますが、その多くが「周囲から、イラストレーターとして食っていくのは並大抵の事ではない。やめておけ」と言われるが、どうしたら良いか?というような内容です。

もちろん、フリーランスのイラストレーターとして食っていくは簡単ではありません。でも、工夫次第でハードルを下げることは可能です。具体的に言うと皆が描くようなイラストではなく、需要はあるけど描く人が少ないイラストを描くイラストレーターになれば、ニーズがある上に競争相手が少ないので、ビジネスを成功させることができる可能性はグッと高まります。

僕にとって、この需要はあるけど描く人が少ないイラストとは、まさに背景(風景や建物など)でした。ほとんどのイラストレーターが人物やキャラクターばかり描く中で、(もちろん人並みに人物やキャラも描きつつ)背景をしっかり描いてプレゼンすると、多くの企業から「人物はうまいのに背景が描けないイラストレーターばかりで困っていた。君のような背景をちゃんと描けるイラストレーターを探していた」と言っていただき、仕事をたくさんもらうことができました。しかも、背景込みのイラストはサイズが大きく要素も多い傾向が強いので、全体に単価も高く稼ぎやすい部類です。

そして、そうした需要は今も変わりません(むしろ、ゲームやwebのマーケットの拡大で、こうしたイラストは以前にも増して需要が高まっています)。なので、「もっと単価の良い仕事を増やしたい」と相談に来る若手イラストレーターには、「背景をしっかり描けるようになると良い」というアドバイスをよくしているのです。

建築知識2019年10月号は、背景に特化したイラストレーターの中で今最も活躍している人たちの作品やテクニックを網羅した内容なので、「これから背景の描画に強くなりたい」と考えているイラストレーター(志望者含む)は必読と言えます。

建築知識2019年10月号はこんな内容だ

Amazonの見本画像を引用して、内容をご紹介します。

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

created by Rinker
エクスナレッジ
¥1,690 (2019/10/14 03:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

いかがでしょうか。アイソメなんかは僕も常套テクニックとして使っている技法ですし、それ以外にも多くの情報盛り込まれていて、僕も勉強になることがたくさんありました(というわけで、既にオーダーしてドイツに発送してもらっているところです!)。

アイソメを使ったイラストの例

背景やパースのテクニックを自分のタッチに落とし込んでマーケットを広げよう!

背景やパースに関しては今までもいろいろなハウツー本がありましたが、この建築知識2019年10月号は無駄なく知識を理解できる上に現在のトレンドも知れるという点では、まず読んでおくべき必読書と言えると思います。

一点僕からアドバイスするとしたら、こうしたテクニックや知識をいったんはそのままインプットした上で、自分のイラストのタッチに落とし込むところまでイメージしてください。そうすることで、他人には再現できない自分だけの世界観や、ビジネスにおいては自分だけのマーケットが見えてきます。

たとえば僕の場合は…

10年ほど前に描き出した、このような惑星のイラストなどもその一例です。

クリックで拡大

アイデアとしてはそれほど新しいものではないかもしれませんが、現役のイラストレーターでこうした惑星を売りにしている人はほとんどいませんし、ましてこのようなタッチでしかもイラレ(ベジェ)で描く人は僕だけと言っても過言ではありません。

この惑星は非常に需要が高く、書籍の表紙や広告等に使いたいと多くの依頼をいただき、この10年で何玉描いたか分かりません(描くのが非常に大変なイラストなので、もちろん制作費もそれなりに高い金額をいただきます)。

このように、背景描画のテクニックを自分のスタイルに昇華していくことが大事です。

こんなイラストも描いています

まとめ

以上、今日発売の建築知識2019年10月号と、その活用法について書きました。

ここ10年で様々なツールが発展しましたが、多くのイラストレーターは未だに背景に苦手意識を持ち、人物ばかり描いています。だからこそ、背景が得意なイラストレーターになって、周りに差をつけてみてはいかがでしょうか。

建築知識2019年10月号は、そのための大きなヒントになることと思います🤓

created by Rinker
エクスナレッジ
¥1,690 (2019/10/14 03:37:54時点 Amazon調べ-詳細)
『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』発売中です!
フリーランスになりたい人が知りたい

  1. フリーランスってなに?その働き方とは?
  2. フリーランスになる準備
  3. フリーランスになったらすること
  4. 実際の仕事の進め方
などについて詳しく知れるフリーランス入門書の決定版、大好評発売中です!

created by Rinker
ソーテック社
¥1,518 (2019/10/14 12:01:04時点 Amazon調べ-詳細)
マンガ『フリーランスで行こう!』も大好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA