Genki Wi-Fi

フリーランス イラストレーター高田ゲンキの情報発信ブログ、『Genki Wi-Fi(ゲンキ・ワイファイ)』。

*

T-Mobileオーストリアで超おトクなSIMカードを買ってみた(データ通信限定)

      2015/09/29

 - ウィーン旅行, ノマド術    - ,

LINEで送る
Pocket

wien-tmobile-022

ウィーン旅行記1日目の記事に少し書きましたが、ウィーン旅行に際して旅行初日に購入したT-Mobileのデータ通信用プリペイドSIMカードが秀逸だったので、その情報をシェアします。

今回買ったのは↓このプリペイドSIM。

wien-tmobile-site

Mobiles Internet als Wertkarte: SURFKLAX 10 GB mit Nano Sim Karte – T-Mobile

なんと「1ヶ月15ユーロで10GBのデータ通信!(通話は無し)」。ドイツのプリペイド事情でもかなり満足していましたが、これを知ってしまうと高く感じてしまいます。いや〜、T-Mobileオーストリア、すごい! 旅行者はSIMフリーのスマホかモバイルルーターを持参してこのSIMを挿せば、旅行中のネットはすべてカバーできそうですね。というわけで以下、入手方法です。

sponsored link

データ通信プリペイドSIMは、T-Mobileオーストリアで決定!

僕はインターネット大好き人間なので、旅行前にはその国のプリペイドSIM事情を徹底的に調べるのですが、オーストリアはものすごく「プリペイドSIMフレンドリー」な国ということを知り、出発前から楽しみにしてました。プリペイドSIMを提供しているキャリアは複数あるんですけど、色々調べたところ、通信のクオリティ・コストパフォーマンス・手軽さなどを比較するとダントツでT-Mobileオーストリアに軍配があがりました(めんどくさいので、他社との比較等は書きませんが)。

空港では買えない

唯一の難点は、「空港では買えない」こと。ただ、ウィーンに行かれる場合は、ウィーン国際空港内に無料のWi-Fiが飛んでいるのでそれでしのぎ、市街地への移動時間だけはネット無しで頑張って、街中のT-Mobileショップに駆け込んでSIMを買う…というのが最短の入手方法かと思います(僕はそうしました)。

なお、競合の3などは空港のショップでSIMを買えるようですが、サービスを比較すると圧倒的にT-Mobileに分があるので、どうしても空港で買いたい!というわけでない限り、市街地まで我慢してT−Mobileで購入するのが良いかと思います。ただ、たとえば週末にウィーンに到着してすぐにSIMが必要な場合は、街中のショップは休みなので(欧州はカフェ等を除いて週末はバッチリ休みを取るので)3のSIMを買うほか無いかもしれません。

sponsored link

T-Mobileショップの探しかた

ウィーン市街に到着してから無駄無くSIMをゲットするためには、事前に滞在先のホテルの最寄りのT-Mobileショップの場所を確認しておくと良いと思います。

T-Mobile Shopfinder – T-Mobile

↑このウェブページに行くとオーストリア全土の地図が表示されると思うので、“Ort(街)”と“Postleitzahl(郵便番号)”と“Straße(通り)”を入れると、その付近のマップを表示してくれます。僕の場合は西駅(Westbahnhof)前のHotel Fürstenhof(フュルステンホフ)に泊まったので、Ortに“Wien”、Straßeに“Neubaugürtel”と入れると↓このような表示になります。

map-tmobile

“PARTNER”とか“BUSINESS PARTNER”とかもたくさん表示されますが、確実にSIMを手に入れるために正規のT-Mobileショップに行くことに。2つ表示されているショップのうち、ホテルに近いのは右側の方なので、T-Mobileマークをクリックすると、↓こんな表示になります。

map-tmobile01

さらに右側のタブ“Öffnungszeiten(営業時間)”をクリックすると↓こんな感じに。

map-tmobile02

これで、最寄りの店の場所と営業時間が分かりますね。

僕の場合はホテルのチェックインが金曜の18時前後の予定で、この店舗の金曜日の営業時間は19時までということなので、荷物を部屋においてからすぐにショップに向かえば間に合いそうだと分かりました。

T-Mobileショップへ

vienna-15

地図で覚えたとおり、ホテルからMariahilfer Straße(マリアヒルファー通り)をまっすぐ歩いていくと、T-Mobileショップを発見。たたずまいはdocomoショップみたいなものです。ちなみにT-Mobileはドイツの会社ですが世界中にサービスを展開しているので、いろいろな街でこのロゴを見かけます。

お店に入ると、すべてのスタッフが接客中だったので入り口付近の発券機で番号札を発券して待つことに。10分ほどで僕の順番が来たので、用意しておいた画像をスマートフォンに表示させて、英語で(本当はドイツ語で言いたいところですが、まだ英語の方が得意なので…)、「この“SURFKLAX 10GB”っていうプリペイドSIMが欲しいんだけど」と伝えると、スタッフのお兄さんはカウンターから即SIMのパッケージを出してくれて、「はい、これだよ。ちなみにSIMを挿したい端末はiPhone?それとも別のデバイス?」と聞いてくれました。ここで端末の種類を聞くのは、SIMカードの種類を確認するためで、iPhoneの場合は小さいSIM(nano,micro)で、Android機の場合は端末によって大きさが違うので適宜確認する必要があります。僕の場合は普通のサイズ(最も大きいサイズ)のSIMが必要なので、その旨を伝えました。

あとは、15ユーロ払ってSIMを受け取っておしまい。超簡単です!!!

ちなみに、ドイツの場合はプリペイドSIMであっても住所とかパスポート番号とかを聞かれて登録する作業が必要なので、けっこうめんどくさいのです(なので、ドイツでプリペイドSIMを買う際には、かならずパスポートを持参してください)。

これがゲットしたSIMだ!

wien-tmobile-021

ジャーン!

とうとう(というか、思った以上にあっけなく…)SIMをゲットしました! ちなみにパッケージの写真にはUSBスティックらしきものも写っていますが、入っているのはSIMのみです。

使ってみて不明点や不具合があったらすぐに質問に戻れるようにと、店舗の前のベンチでSIMを開封してAndroid機に挿してみることに。通行人の興味深そうな視線を感じつつ、愛用のAndroid機にSIMを挿して再起動したところPINコード入力画面が現れ(PINコードはSIMパッケージ内に記載されています)、入力すると問題なく起動しました。

wien-tmobile2

↑画面には“T-Mobile A”の文字が!(SIM1の方です)

ちなみに僕のAndroid端末は「デュアルSIM仕様」で、2枚SIMを挿すことができ、普段から通話用とデータ通信用のSIMの2枚をこの端末に挿して使用しています(この記事にまとめています)。このデュアルSIMの何が便利かというと、通話サービスは国をまたいで簡単にローミングができる一方でデータ通信のサービスはローミングが無いことがほとんどなので、今回のようにデータ通信用のSIMだけ現地で調達して通話用はドイツ国内と同じものを挿しっぱなしにすれば、同じ電話番号を欧州内で使用できてしまうのです。SIM2のスロットに入っているSIMカードはO2のものですが、通話用なので勝手にローミングがアクティブになって“T-Mobile Austria”となっています。

ためしにテザリングをONにしてiPod touchでネットを使用してみたところ、超快適なスピードでネットにつながりました。

10GBは旅行者には充分すぎる!

というわけで、このSIMのおかげで4日間のウィーン旅行が非常に快適で、地下鉄でも山の上でも空港のはじっこ(Wi-Fi圏外)でもネットができました。

10GBという容量も旅行者には充分すぎ、持参したMacでの調べ物やデータ送信等はホテルのWi-Fiでできてしまうので、基本的にテザリングでネットを使用するのはiPhoneやiPod touch、iPadというモバイル端末が中心だったのですが、それにしても僕と妻と妹の3人でシェアして、最後はiPhoneのソフトウェアアップデートなんかもしたのに、結局4日間で3GBも使わず、残り7GB以上のデータ量を惜しみつつオーストリアを離れました。

ちなみに、比較的プリペイドSIMが安いドイツでも、旅行者が最も手に入れやすく(と思われる)、かなり料金設定も安い部類のO2でさえ、10GBという大容量のプランは存在せず、1GBプランで15ユーロ、最大量の7.5GBともなると35ユーロもするので(O2データ通信プラン価格表)、比較すると、このT-Mobileオーストリアの「10GB・15ユーロ」(つまりドイツO2と比較すると同額で10倍のデータ量!)というのがいかにおトクなサービスか分かると思います!

僕からすると、オーストリア旅行で(というか、旅行者に限らず居住者でさえ)このSIMを利用しない手は無いので、是非がんばってT-Mobileショップでゲットして、快適な旅行をお楽しみください!

sponsored link


LINEで送る
Pocket


 - ウィーン旅行, ノマド術    - ,




Comment

  1. mk より:

    私もこのプリペイドSIMの常連です。空港で買えないのはたしかにちとつらいですが、国鉄のWien Mitte駅のショッピングセンター内にあるT-mobileショップでいつも買っています。ここは空港直結のCATの終点で、地下鉄だとU3とU4のLandstraße駅なので、地下鉄に乗り換えて市内各方面に向かうのにも便利な駅です。

  2. shige より:

    情報とても助かりました
    mkさんの情報も大変助かりました
    丁度catにすぐ乗れたのでMitte駅について買うことが出来ました
    私の端末では(Xperia)ではAPNの設定をしないとダメでした
    チェコでも4Gで2500円ぐらいしたので大変お得なsimでした
    ザルツブルク移動時も自宅サーバーの動画見ながら
    なんてとても楽しいたびになりました
    これだけ使っても7G使用ぐらいでした

  3. Genki より:

    shigeさん
    レス、遅くなりました!
    このブログが役立って嬉しいです。
    APN設定が必要だったんですね。もしかしたら、昨年とSIMの仕様が変わったのかもしれません。いずれにしても、快適な旅になったようで何よりです!これからもよろしくお願い致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

一時帰国のインターネット、2016年のベストチョイスは レンタルのSoftbank Pocket Wi-Fiだ!

さて、一昨年の一時帰国中はインターネットはUQ WiMAXを使用していたので、今回もそうしようかな…と思って事前にいろいろと調べたところ、この1年半の間に日本の …

一時帰国時のインターネットは、やっぱりWiMAX!

3週間の一時帰国中、インターネットは基本的に全てUQ WiMAXを利用しました。 UQ WiMAXについては、以前書いた「WiMAXを利用して、通信費を節約する …

ウィーン旅行 ②(2015年 4月11日)

ウィーン旅行2日目。 sponsored link 午前中、妻と妹と3人で宿を出発し、西駅(Westbahnhof)から地下鉄U3に乗ってシュテファン広場(St …

ウィーン旅行 ④(2015年 4月13日)

ウィーン4日目(最終日)。 sponsored link ホテルで適当に朝食を済ませて、荷物をまとめてチェックアウト。しかし、フライトは夜なのでホテルのフロント …

デジモノステーションの0SIMを1ヶ月使ってみた

こんにちは。モバイルマスターの高田ゲンキ( genki119)です。 前回の記事ではSoftbankのPocket Wifiについて書きました。Pocket W …

持っていた本をすべて自炊(スキャン)してみた!

8月はずっと仕事に追われて、あまり外に出ない一ヶ月でした。しかし、家にこもりつつ、いくつかイベントもありました。そのひとつは何と言っても「自炊」! 自炊と言って …

ウィーン旅行 ①(2015年 4月10日)

4月10日から13日まで、3泊4日でウィーンに行ってきました。 sponsored link ことの始まりは、僕の父が仲間とウィーン旅行に来ることになり「ベルリ …

ウィーン旅行 ③(2015年 4月12日)

ウィーン3日目。 sponsored link 気持ちよく目覚めて、朝食を求めてホテルから外に出てみると、道路いっぱいにランナーが走っているのが見えました。 そ …

T-Mobileオーストリアで超おトクSIMを買ってみた

フリーランス イラストレーター高田ゲンキの情報発信ブログ、『Genki Wi-Fi(ゲンキ・ワイファイ)』。

Copyright© Genki Wi-Fi , 2015 All Rights Reserved.