『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

フリーランスやフリーランスになりたい人が読むべきオススメの本6選!【自営業|個人事業主|確定申告|漫画|入門書】

こんにちは。高田ゲンキ( genki119)です。

今回は、僕がオススメしたいフリーランス書を紹介します。

 フリーランスやフリーランスになりたい人が読むべきオススメの本6選!【自営業|個人事業主|確定申告|漫画|入門書】 フリーランス ゲンキ

  入門書から漫画、そして確定申告や著作権に関する書籍までさまざまな推薦書をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みくださいね!

①『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』

僕が昨年(2019年)に出版した、フリーランス入門書です!

本書は幅広い業種のフリーランスに向けて書いたものですが、僕自身がイラストレーター/漫画家ということもあって、特にクリエイターの人には参考になる箇所が多い本になっています(もちろん、それ以外の業種の人にも存分に参考になりますが)

似たようなタイトルのフリーランス入門書は世の中に数多く存在していますが、内容の濃さと分かりやすさは随一と自負しています!

また、それだけでなく、多くの読者の方から「本を読んで、『自分も頑張ろう!』というやる気をもらえた」「モチベーションがものすごく上がった」という声をいただいています。そういうモチベーションアップも本書の大きな特長のひとつです。

👇『フリーランスの教科書 1年生』の概要はこちらの記事からご覧いただけます。気になる方はぜひご購入の前にこちらをご覧ください。

『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』の内容を説明!【どんな本か、これを読めば分かる!】

②『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』

今、タイトルに「フリーランス」という言葉が入っている本の中で、おそらく最も売れてるのがこの『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』です。総売上部数は10万部を超え、まだまだ売れ続けているベストセラー。確定申告の概念や、フリーランスとして知っておくべき最低限のお金の知識を楽しく学べる良書です。

実際に多くのフリーランス志望者の相談に乗ってきましたが、フリーランスとして独立したいけど二の足を踏んでいる人の多くが、躊躇する大きな理由のひとつに「確定申告が難しそうだから/面倒だから」というがあります。そういう人にこそ、ぜひこの一冊を読んで欲しい。全編漫画なのでサラッと読めるのも良いです!

③『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』

フリーランスのお金に関する本をもう一冊。

上で紹介した『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がこれからフリーランスとして独立する人や独立したばかりの駆け出しフリーランスに向けた内容であるのに対して、この『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』は既にフリーランスとして数年活動し確定申告の経験もあるものの、イマイチ理解できておらず経費等に関しても認識が曖昧な人向けと言えます。

2005年刊行なので出版年自体は古いのですが、重版毎に内容をアップデートしているので、新品の本を買えば最新の情報を得ることが出来るのも、この本の凄いところです!

惜しむらくはKindle版が無いことですね…(日本実業出版社さん、Kindle版を切に希望します!)。

【追記】令和改訂版が2020年10月に発売されます!

こちらの書籍、2020年10月にはリニューアル版の令和改訂版が出版される予定です!

今回の改訂にあたっては、基礎控除の引上げ改正、iDeCo、平均課税制度、消費税増税対応、将来的なインボイス導入による影響など、知らないとソンする最新情報を盛り込みました。

…とのこと! これから購入される方は、ぜひこちらをチェックしてくださいね。

④『著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本』

書名の通り、著作権に関する書籍です。フリーランスの中でも、特にイラストレーターやデザイナー等のクリエイターの人やライターや作家等の文筆系の人向けの書籍。

僕の周りにも、著作権に関する知識が無かったばかりにクライアントとトラブルになり、不利な条件に泣き寝入りせざるを得ない…という経験をしたフリーランサーが少なくありません。そういった意味では、トラブルになる前にぜひこうした本に目を通して、自分が守るべき著作権に関して知っておくことを強くオススメします。

 フリーランスやフリーランスになりたい人が読むべきオススメの本6選!【自営業|個人事業主|確定申告|漫画|入門書】 フリーランス ゲンキ

僕の本、『フリーランスで行こう!』や『フリーランスの教科書 1年生』の中でも、著作権に関して触れています!

⑤『新 13歳のハローワーク』

 フリーランスやフリーランスになりたい人が読むべきオススメの本6選!【自営業|個人事業主|確定申告|漫画|入門書】 フリーランス
created by Rinker
¥2,860 (2020/10/25 09:38:13時点 Amazon調べ-詳細)

特にフリーランス向けの本ではありませんが、オススメ。

どの業種であっても、フリーランスは自分でマーケティングや営業をしていく必要がありますが、そのためには世の中にどのような仕事があり、それぞれがどう関係しているのかを知る必要があります。

そのように、世の中を広く見渡して造詣を深める目的において『新 13歳のハローワーク』はとても良書です!

元祖『13歳のハローワーク』もオススメ

 フリーランスやフリーランスになりたい人が読むべきオススメの本6選!【自営業|個人事業主|確定申告|漫画|入門書】 フリーランス
created by Rinker
¥100 (2020/10/26 04:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

↑こちらの、元祖『13歳のハローワーク』もとてもオススメです(なんと127万部突破の大ベストセラー)!

内容は👇こちらのサイトからもご覧いただけるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

13歳のハローワーク公式サイト

⑥マンガ『フリーランスで行こう!〜会社に頼らない、新しい「働き方」〜』

最後に、もう一冊僕の本です。

フリーランスの教科書 1年生』は文章を中心に構成したフリーランス入門書でしたが、こちらの『フリーランスで行こう!』は全編漫画の書籍。僕がフリーランスとして独立する直前から、独立直後の駆け出しの時期の苦労や、仕事が軌道に乗った後のトラブル。そして更には海外移住…と、僕自身のフリーランスライフを綴ったコミックエッセイです。

本書の目的は、フリーランスの人生を疑似体験できるということ。「フリーランスになってみたいけど、実際どんな感じなんだろう?」と思っている方に是非読んでいただきたい一冊です。

フリーランスで行こう!』は👇こちらから80ページまで無料で読むことができます。ぜひ試し読みしてください!

まとめ

以上、フリーランスやフリーランスになりたい人が読むべきオススメの本をまとめてみました。

昨今はネットにもフリーランスに関する情報が溢れていますが、本で読むことで整理された情報を体系だててインプットすることができるので、やはり大事な情報は本で得るほうが効率的と言えます。

また良い本を思い出したら、本記事に追記していきたいと思います🤓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA