『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

Macのスクリーンショットの種類と撮り方を説明【静止画|動画|画面収録|画面キャプチャ|動画キャプチャ|ショートカット】

Macのスクリーンショットの種類と撮り方を説明【画面キャプチャ|動画キャプチャ|ショートカット】

パソコンを使っている人の多くが日常的に多用しているスクリーンショット(画面キャプチャ)。実はMacのスクリーンショットにはいくつかの種類があるのをご存知でしょうか?

今回は、そのMacのスクリーンショットの種類と撮り方について説明します。

Macのスクリーンショット(静止画)

Noショートカットスクリーンショットの種類
+ shift + 3画面全体
+ shift+ control + 3画面全体(クリップボード転送)
+ shift + 4選択した部分のみ
+ shift+ control + 4選択した部分のみ(クリップボード転送)
+ shift + 4
を押したあとに space
選択した特定のウィンドウのみ
(カーソルがカメラアイコンになるので、特定のウィンドウやメニューバーをクリックして撮影)
+ shift+ control + 4
を押したあとに space

選択した特定のウィンドウのみ
(クリップボード転送)

⑤⑥は、optionを押しながらクリックすることで、影無しにできる

更なる裏ワザも

ちなみに、⬆の③〜⑥で選択範囲を指定する際に使える裏ワザがあります。

spaceを押しながらドラッグ選択範囲を移動
shiftを押しながら拡大縮小上下あるいは左右のサイズを固定
optionを押しながら拡大縮小選択範囲を上下左右均等対称に拡大縮小
shift+ optionを押しながら拡大縮小選択範囲を上下 or 左右均等対称に拡大縮小
escキャンセル

 Macのスクリーンショットの種類と撮り方を説明【静止画|動画|画面収録|画面キャプチャ|動画キャプチャ|ショートカット】 Mac ゲンキ

  最初は複雑に感じるかもしれませんが、一度理解すると非常に便利なので是非試してみてください!

Macのスクリーンショット(動画キャプチャ)

また、Macのスクリーンショットでは、画面の動画キャプチャも撮影することができます。

動画キャプチャの撮影方法

STEP.1
スクリーンショットのショートカットを押す

スクリーンショットのショートカット( + shift + 5)を押す

STEP.2
目的に合った項目を選択

 Macのスクリーンショットの種類と撮り方を説明【静止画|動画|画面収録|画面キャプチャ|動画キャプチャ|ショートカット】 Mac

⬆すると、このようなバーが現れるので、目的に合った項目を選択します(バーの項目には動画だけでなく静止画撮影のメニューも含まれています)。

項目の内容は次項で説明します。

スクリーンショット(動画キャプチャ)を撮るには

 Macのスクリーンショットの種類と撮り方を説明【静止画|動画|画面収録|画面キャプチャ|動画キャプチャ|ショートカット】 Mac

⬆動画キャプチャは、この①か②を選択します。

は画面全体の撮影は選択範囲の撮影です。

で選択範囲を作成する際にspaceを押すと、静止画撮影の場合と同様にポインタがカメラアイコンになり、選択した特定のウィンドウのみを撮影することができます

また、前述の裏ワザもこちらでも同様に使用することが可能です。

まとめ

以上、Macのスクリーンショットの種類と撮り方を説明してみました。

目的によって使い分けられると、非常に便利な上にストレージの節約にもなるので、是非ご活用ください🤓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA