T-MobileドイツでSIMカードを買ってみた!

バルセロナ旅行の教訓をいかして、T-MobileドイツのSIMカードを買ってきました。このSIMの仕様は下記の通りです(2014年5月現在)。

【ドイツ国内】
Xtra HandyFlat(エクストラ・ハンディフラット)
・料金:1日(24時間)0.99ユーロ
・容量:25MB(それ以降は帯域制限有で無限)
・速度:下り最大3.6Mbps

【ドイツ国外のEU圏】
DayPass M
・料金:1日(24時間)2.95ユーロ
・容量:50MB(上限でストップ。一日に複数回購入可)

なぜ、このSIMにしたのか?

僕は、ドイツ国内での日常生活ではO2のプリペイドSIMで携帯電話とデータ通信をまかなっているので(ちなみに、僕のO2プリペイドを使う方法は、ドイツ国内での通信に関して、少なくとも都市部で生活する上でも最も安く賄える手段だと思うので、近々こちらもブログで紹介したいと思います)、今回のSIMは主にドイツ国外のEU圏で使えるDayPass Mのみ目的として買いました。

ただ、ドイツ国内でもO2のデータ通信の一ヶ月分のフラットパックを買う必要が無い時や、O2の電波が届かないエリアに行く際など(O2は都市部では通信が速いのですが、エリアは狭く、田舎の方では圏外が多いのです)に使うのに便利なので、国内のプランはXtra HandyFlatを指定しました。

購入にあたって、最寄りのT−Mobileショップに行き、自分の希望のプランを説明しました。T-MobileはSIMを買う時点で、そのSIMに適用させるプランを指定す必要があるようなので、T-MobileショップやSaturn等のお店で説明して購入するのが良いと思います。

なお、このSIMの購入にあたっては、下記のブログ記事を参考にしました。

・『シニア旅人の旅情報
ドイツ・T-mobileのEUデータローミングもお得な感じ!~50MB/24時間2.95ユーロ

・『地球の旅の音
Day2:ベルリンでT-MobileのプリペイドSIM(Xtra Triple)購入~EU内50MB/24時間/2.95€ローミングとhandytankeを使ったオンラインチャージ方法

T-mobileショップで、こんなかんじでやり取りしたよ

ショップでは幸運なことに英語が堪能なスタッフ(きれいなドイツ人女性!)が対応してくれて、スムーズに購入ができました。主なやり取りは以下のような感じでした。

僕:「こんにちは。プリペイドSIMが欲しいんだけど」
スタッフ女性(以下「ス」):「OK! でも、SIMだけ? SIMフリーの電話は持ってるの?」
僕:「うん、既にSIMフリーのAndroidを使ってるよ」
ス:「それなら問題無いわね。それで、どのプランが希望なの?」
僕:「Xtra HandyFlatとDayPass Mを使いたいんだけど、1枚のSIMで両方使える?」
ス:「できるわよ。でも、Xtra HandyFlatよりXtra Tripleの方がお得でオススメよ」
僕:「ありがとう。でも、僕はすでに国内の普段使いの通話とデータ通信用のSIMを使っているから、通話分やSMSは必要ないんだよ」
ス:「あら、そうだとしてもXtra Tripleがお得だと思うわよ。だって、こっちは1ヶ月9.95€だけど、Xtra HandyFlatで1ヶ月使ったら30€近くになってしまうでしょ?」
僕:「問題無いよ。僕はこのSIMをたまにしか国内で使わないつもりだから」
ス:「ああ、そういうことね。だったら、たしかにXtra HandyFlatが良いわね!」

という感じで、T-Mobileのイチオシプランのせいか、とても力強くXtra Tripleを薦めてくれましたが、僕が必要としていない理由を説明したら理解してくれて、国内用のプランはXtra HandyFlatにしてくれることになりました(特に海外では日本のショップと違って必ずしも親身に相談に乗ってもらえる訳ではなく、黙っていると勝手にオススメのプランを買う流れが出来てしまうので、自分の希望をハッキリ伝える必要があります。まあ、これはSIMに限らず全てにおいてですが…)。

購入に必要なものは、パスポートと現金(10€ほど)とドイツの住所。処理をしながら、彼女は親切に色々と説明してくれました。しかし、次のようなやりとりも…

ス:「プリペイドのチャージ番号はガソリンスタンドとかスーパーとかで買えるわよ」
僕:「ありがとう。あと、ドイツ銀行のオンラインバンクの中にも番号を購入できるサービスがあるよね?(←O2で既に使っているので聞いてみた)」
ス:「・・・No! そんなのは無いわ。それは無理よ!」
僕:「あ、そう?」

で、帰宅して確認したら、ちゃんとオンラインバンクでも購入できました(笑)。どうやら、彼女が知らなかっただけのようです。


あと、T-Mobileの自分のアカウントページ内でも、クレジットカードやデビットカード(EU圏内のもの。MaestroCard等)で購入できるサービスがあって、この点はO2よりもサービスが充実していて驚きました(さすがドイツのdocomo!)。

とにかく、そんなわけで問題無く目的のSIMを購入できました。これで、国外でもローミングを使ってインターネットを利用することができるようになったので、近々どこかに行って試してみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA