『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】

最近、周囲にますますMacユーザーが増え、使い方のアドバイスをする機会が多いのですが、その際に全ての人に必ずおススメする便利ネタを紹介します。

Macのランチャー※)といえば「Dock」ですが、今回紹介するFinderのウィンドウをランチャーとして使用する方法は、個人的にはDockより便利だと思っており、重宝しています。

※「ランチャー」というのは、コンピューター用語で、「ショートカット(エイリアス≒分身)を一覧表示して、アプリケーションやファイルなどにアクセスしやすくする機能」のことです。

Finderのウィンドウをランチャーにしよう

Finderのウィンドウをランチャーとして使用すると言われても分からない人もいると思うので、実際にお見せすると、つまりこういうことです。

 MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac

⬆このウィンドウの上の部分にアプリのアイコンが並んでいますよね? これがランチャーです。

このアイコンをクリックすることでアプリを起動することもできるし、アイコンにファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることでファイルを開くこともでき、非常に便利なのです。

また、アプリだけでなくファイルやフォルダをここに割り当てることも可能です。

Finderのウィンドウをランチャーにする方法

では、その方法を説明します。

STEP.1
Finderでウィンドウを開く

 MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac

Finderで「ファイル」から「新規Finderウィンドウ」、あるいは「 + N」で新規ウィンドウを表示させます。すると、⬆こんな感じになりますよね? 

STEP.2
ランチャーに追加したいアプリかファイルのディレクトリを表示
   MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac 表示したウィンドウで、追加したいアプリかファイルを表示させます。アプリケーションを追加することが多いと思うので、アプリの追加方法を例にしましょう。

Macの場合は、基本的に「アプリケーションフォルダ」にアプリがあるので、ウィンドウ左部分の「よく使う項目」(あるいは、「 + shift + A」)から「アプリケーションフォルダ」に行き、その中の自分がよく使うアプリケーションを表示させてください。

STEP.3
アプリのアイコンをウィンドウ上部にドラッグ
 MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac ⬆アイコンをこんな感じでウィンドウ上部にドラッグし、+マークが表示されたらドロップします。

 MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac

⬆するとこんな感じでアプリのアイコンが追加され、ショートカットとして機能するようになります。

 MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac

⬆ショートカットは、クリックしてアプリが開けるだけでなく、ファイルをドラッグ&ドロップして開くこともできます。

STEP.4
あとは同じ作業をくり返すだけ

あとは同じ作業をくり返して、よく使うアプリやファイル(フォルダも可)を集めたランチャーを作ります。

僕の場合は⬇こんな感じにして使っています。

 MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法【Mac便利術】 Mac

まとめ

以上、「MacでFinderのウィンドウをランチャーとして使う方法」でした。基本的な部分を理解して使いこなしている人にとっては、非常に役立つTipsだと思います🤓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA