『世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生』 大好評発売中!!!

9月9日のAppleイベントで発表された新商品について 僕が思うことを書いてみる

まとめ

以上、新しく発表されたApple製品を紹介しつつ、所感を書いてみました。

全体を通して思うことは、Appleの新製品に以前のようなワクワク感を感じなくなったということ。

これは古くから仕事道具としてMacintoshを使い続けてきた人に共通する部分かもしれませんが、やはり一番感動するのは“仕事で使えるMacintoshの新商品”が出た時なんです。最近の例だと、Mac Proとか(買わないけど…)、あとは2012年にMacBook Airがメモリ8GB対応した時なんかは大喜びして即買いましたし。そういう意味では、最近のAppleの新商品はプロのクリエイターよりも一般ユーザー向けのものが多く、まあこれはマーケティング上しかたの無いことではありますが、ちょっと退屈感があります。

それなりに古くからのMacユーザーとして「昔は良かった」みたいなことを言うつもりは無いんですけど、かつてはプロのクリエイターもMac初心者も、同じMac OSを使っていたので、「メールとインターネットができれば良いや」と思ってiMacを買ったユーザーも、ある日突然デザインに目覚めてAdobe IllustratorやPhotoshopをインストールしてハマって、そのままプロのデザイナーになってしまったり…ということもあったのですが(僕もそういうパターン)、今は「メールやインターネットしかしない」という人はiPhoneやiPadを買ってしまうので、そこからプロのクリエイターになる展開というのはほぼ無くなってしまいました。

そういう意味では、iPad Proも相変わらずライトユーザー向けのiOSでUSB-Cポートも無い状態なので、とてもプロのクリエイターが使うレベルのハードウェアではなく、僕としては「どのへんが“Pro”なんだろう?」という違和感を抱いてしまいます(その点Mac ProやMacBook Proは、完全にプロのクリエイターに向けたものなので)。

そもそもiOS自体がITリテラシーの無いマジョリティのユーザーに対するAppleの妥協の産物だと思っているので(iOS自体は非常に良くできたOSだけど、ユーザー側のリテラシーがもっと高かったら違った形で進化していたと思うので)、iPhoneやiPod touchはしかたないとしてもiPad ProにはMac OSを入れてほしいものだと思いました(実際にそういう声は多かったようです)。おそらくAppleにとっても、今後のMacOSとiOSの関係は大きな課題のひとつなはずなので、どのように決着をつけていくのか楽しみでもあります。

僕が「こういう商品でたら、即買うな!」と思う“ワクワクする商品”は、例えば“USB-Cポートを搭載してMacOSを走らせることができるiPod touch”とかでしょうか(絶対出ないし、誰もほしがらなそうだけど…)。もうちょっと現実的なところだと、MacBook Proに32MBメモリを積めるモデルが出たら買うと思います。

Appleの今後に期待しています!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA